生命保険 比較は3対7の法則

生命保険は、何の為の保険でしょうか?生命保険 比較をして考えてみたところ、人は30%ががんで死にます。40%の人は、7大疾患で死亡しています。また4%の人が老衰で死亡しています。

生命保険は病気に重点を置いて保証しているように思えますが、年収800万円未満の人は高額医療制度がありますので、医者が手術するなどの医療行為は大半が10万〜15万円の負担で済み、金銭面での問題はないのです。では何が問題かというと、入院代なのです。

日本人の平均入院日数は約30日ですので、骨折などの長期治療に対応できているかが最大のポイントになります。入院代は俗に、ベット代と食事代です。都心になると個室は日額2万円を超えることも珍しくありません。このベット代にどのくらいの期間を設定するかが最大の問題です。

最近の保険会社の傾向を見ていますと、一時給付金や健康保障などの定期的に返済される金額で喜びとお得感を出している商品が多くなってきています。保険は具体的に入院したことを考え、病名や手術のことを考えるのではなく、一番費用を費やす入院費用を重点に考え、長期入院に対応できているかがポイントになります。生命保険 比較をするのは、その点が大切です。